無料相談・お問い合わせ

  • サービスに関するお問合せはお問合せフォームより24時間承ります。
  • お問合せフォーム
  • お電話でのお問い合わせ
  • 048-835-4476
  • 受付時間:平日9時~17時
    (土日・祝日はお休みです)
  • cws
  • 情報共有化サービス
  • 動画
  • 日本信号グループ

CAD情報運用

業務の課題-CAD情報運用

大概のCADベンダーは使いやすいことを強調して販売しているため、そのCADを導入するとすぐ社内業務に適用できるように思えます。しかし実際に導入後、いつまでたっても完全移行できず、紙図面などで設計がされている場合があるのではないのでしょうか?

紙図面が使われ続ける理由としては
・紙図面からCADへの変換が面倒
・部品を全てCAD上で作成及びそれらの管理が面倒
などの課題が挙げられます。

部品の管理に関しては設計者ごとに部品ライブラリを作成/管理でもCADが運用しているように思えますが、
・1つの部品を複数の設計者が作成/管理しているというムダが発生する
・作成基準があっても、設計者自身が管理するので、都合の良いように作成される
・チェック機能が設計者自身のみなので、作成ミスを見落とし、後工程で問題が発生する
・作成ミス部品を設計者間で使いまわしていた場合、問題が拡散する
といった潜在的な課題を抱えてはいませんでしょうか?

 CADの効率的な運用を行なうためには部品ライブラリー作成及びメンテナンス管理を全体最適の観点から  一元管理する必要があると考えます。
各CAD用の部品が一元的に作成/管理されることが必要。
解決策を見る
サーキットテクノロジーでは以下の解決策を提案します

弊社にご相談下さい。

電話でのお問合せ048-835-4476

お問合せフォーム
サーキットテクノロジートップ